ホーム新造船情報 平成24年9月に就航した新造船「フェリー波之上」の起工式から竣工式まで
新造船情報
新造船”フェリー波之上”は、平成24年(2012年)9月 鹿児島-奄美-沖縄航路に就航しました。

その 2 ブロック建造法

(1)ブロック組立1
(2)船尾ブロック1
(3)船尾ブロック2
(4)船台搭載前ブロック

ブロック建造法とは、船の詳細設計図をもとに、ブロックを分割するプランを作成し、 船全体を数十個のブロックに分割して、それぞれのブロックは、船台上ではなく、造船所内の工場で組立てられていきます。
写真の“(1)ブロック組立1”は、手前が船首部のバルバスバウ(球状船首)と呼ばれるブロックの建造中の様子です。
写真の“(2)船尾ブロック1”は、プロペラを支えるためにボッシング構造になっています。また、“(3)船尾ブロック2”は、ラダーホーンをそなえ、舵を支えるために十分な補強が施されています。
 船尾ブロック1と船尾ブロック2は、船台上で合体し、船尾骨材(スターンフレーム)を形成します。
写真の“(4)”は、船台搭載前のブロックで、このようにブロックの継ぎ目以外は、塗装まで実施し、次の作業工程の船台搭載と進みます。

Copyright(c) A''LINE All Rights Reserved.